投稿日時  古い順  新しい順
北海道新聞・UHB花火大会〜〜♪♪

 みなさま こんにちは! Kawamuraです

本日、札幌では「道新・UHB花火大会」が豊平川河川敷で開催されます

その〜道新紙面開催案内ページに〜
なんとっ ちっち と るびぃ が〜〜
パチパチパチ〜〜(^v^)



  ありがとうのうた 100万アクセス突破あらためてありがとうございます♪♪


ありがとうのうた ↓↓↓

 

kawamura2013-07-26 11:33:48その他
この記事へのトラックバックURL
http://www.chilbie.com/blog/tb.php?id=283
※本文中にhttp://www.chilbie.com/以下へのリンクが無いトラックバックは掲載されません。
新年あけましておめでとうございます♪♪

 みなさま あけましておめでとうございます!!
年末年始いかがお過ごしでしたか?

北海道は雪・雪・雪のお正月でした〜
 
今日は青い空の下、ちっち と るびぃ と一緒に
北海道神宮頓宮へ初詣へ行ってきましたよ〜〜(^v^)
 



ちっちとるびぃ も新年の始まり嬉しそうです
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!!
 
kawamura2013-01-07 10:49:56その他
北海道神宮祭り〜〜〜♪♪♪

 みなさん こんにちは!!! Kawamuraです

今年もやってきました 北海道神宮祭り!!!
朝から「ぴーひゃらぴーひゃら♪♪」と山車が練り歩いています!!!

もうだまって座ってはいられないと、
ちっち と るびぃ とともに 山車を見に行きました


あっ!!! 山車が近づいてきたよっ


「わ〜いっ おおきいなぁ〜〜」 っと ちっち と るびぃ
がお話しています(^v^)

山車からきれいなお姉さんが手を振ってくれました♪

今年もよい天気の 北海道神宮祭り!!
ちっち と るびぃ と一緒に見る事ができてたのしかったKawamuraでした

ちっち と るびぃ のご紹介はこちらをクリックしてください♪
 

kawamura2012-06-15 13:19:36その他
保育者様向け 心に元気を充電できる!!! 講演会のご案内 ♪♪♪

 保育者のみなさまこんにちは

 
日ごろは、うごくえほんチルビーにて 園の皆様には大変お世話になっております。
本日は、日ごろ子どもたちと向き合う皆様へ、
心に元気を充電できる!!! 下記講演会を企画いたしました。
お忙しい時期かとは存じますが、ご参加いただければ幸いです♪
皆様のご参加お待ちしております。
 
●テーマ 
『保育カウンセラーが語る 保育者が元気になるお話』
〜今、自分のために必要なこと〜〔参加無料〕
 
●講師:筑波大学 医学医療系教授 徳田克己先生
徳田先生ご紹介
子どもやお年寄り、障害のある方々が笑顔で生き生きと暮らせる社会をめざし、
日本からバンコクまでの幼稚園や保育所を回り、保育者や保護者からの相談にこたえている。25歳〜29歳に東京の南青山にある私立幼稚園での保育者経験あり。
最近はディズニー映像の教育的効果などの実践研究を手がけている。
保育者を対象にした講演も好評で全国を巡っている。
 
[主な著書]
『困った保護者への対応ガイドブック』
『親を惑わす専門家の言葉』
『気になる子どもの保育ガイドブック』など多数。
 
 
●日時:2012年2月23日(木) 13:30-15:00
●会場:ホテルライフォート札幌 4階「グラーベ」
   札幌市中央区南10条西1丁目1-30
●対象:園長はじめ、保育にたずさわる方々
●定員:80名
●お申込み:株式会社モーニング へTELもしくはFAXにてお申込みください
     TEL 011-241-2220 FAX 011-241-2348
●参加:無料
 
主催:株式会社 モーニング
後援:社団法人札幌市私立保育所連合会・札幌市
 
kawamura2012-01-23 16:13:36その他
新年あけましておめでとうございます。

 皆様、新年あけましておめでとうございます。

本日より今年の業務開始となります。

「うごくえほんチルビー」をリリースしてから丸4年が経ちました。

本当にあっという間でした。


絵本をDVD(チルビー)で、もっともっと楽しんで頂く。


このコンセプトを常に意識して日々お仕事をしております。

何と言っても、チルビーの素晴らしいところは「原作絵本」が素晴らしい事。


それを映像化していることは私たちの励みであり、自信となっています。


DVD=映像」と聞かれて、『絵本は絵本のままでいいじゃない』と

思われる方もいらっしゃると思います。

 

本来、絵本は絵本自身を子どもに読むもの。

各々の速度でページをめくりながら想像をふくらませるもの。

それが、コミュニケーションを育む素敵な時間を作り出す、

とても、大切なもの。

 

私たちも心からそう思っていますし、絵本を心から愛しています。

 

「なんで、わざわざ映像に?」と、思われますか?

 

チルビーは「絵本に取って替わるもの」ではありませんし

私たちはそれを望んでいません。

チルビーは、原作絵本と「同じ心」を持った映像です。

 

チルビーの映像は、原作絵本の「心」が変わらないように細心の注意を

払って、原作者のご意見を伺いながら世界観を壊さないように制作しています。

 

チルビーと言う絵本の映像で、絵本を違う側面から更に楽しんで頂きたいのです。

 

映像は、決して幼児に対して「悪いもの」ではありません。

映像が「悪いもの」だと言うよりは、その「見せ方」「見せる時間」「見せる内容」によって

残念ながら「悪いもの」になってしまうのだと思います。

 

絵本と同じように、チルビーでも是非「一緒に」見たり、読んだりしてみてください。

 

 

「チルビー」だからできること。 「チルビー」にしかできないこと。

映像の立場で、絵本の世界を広げられればと思います。

 

どうぞ、1度ご視聴いただければ幸いです。


本年も、絵本を大切に思う気持ちを持ちながら業務に励んで参ります。

何卒よろしくお願い致します。

ishihara2012-01-05 17:04:32その他
投稿日時  古い順  新しい順